フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾

花車

 

☆ 最大70%OFF!日本全国大バーゲン ☆
行きたい!気になる!エリアが衝撃プライス!!


フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾

フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾というのは、フランス
北西部にあるノルマンディー地方という場所にあります。ここは、
ヨーロッパで最も干満の差の激しい湾といわれています。

 

広範囲にわたる干潟になっていて、その中に突然あらわれたとても
高い塔をもっている修道院と、その周りには不安定な斜面の上に、
所狭しと建っている建物があります。これは海上のピラミッドとも
呼ばれ、たいへん特徴のある光景になっています。

 

「フランスの世界遺産モンサンミシェルとその湾」て、ずいぶん長い
名前になっていますが、その名の通り、この建物もそのまわりの湾も
含めて世界遺産として認められています。

 

毎年2回、春と秋のシーズンには、このフランスの世界遺産モンサン
ミシェルとその湾の干潟が海に沈むのですが、その海に沈んだ光景と
いうのが、また絶景といわれているんですね。

 

天使ミカエルが舞いおりた島ともいわれ、奇跡の島という名前も付け
られているフランスの世界遺産モンサンミシェルは、中世から現在に
わたり、多くの巡礼者が訪れた場所といわれています。

 

自然環境を背景に信仰と芸術、そして建築技術が融合して生まれた、
傑作ともいえるモンサンミシェルは、自然と建物の絶妙な光景を
目の当たりにできる場所として、今もたくさんの人々が毎年訪れて
おり、その素晴らしさは、そこに行って実際に見た人にしかわから
ないものがあるようです。

 

モンサンミシェルとその湾