紀伊山地の霊場と参詣道☆神道と仏教の融合

花車

 

☆ 最大70%OFF!日本全国大バーゲン ☆
行きたい!気になる!エリアが衝撃プライス!!


紀伊山地☆吉野・大峯、熊野、高野山の3つの霊場

紀伊山地は、昔から神々が集まる特別な場所と考えられてきました。
そのため、中国からやって来た仏教の修行の場にもなり、その結果、
紀伊山地には吉野・大峯、熊野、高野山の3つの霊場が生まれること
となりました。

 

熊野古道
  熊野古道

 

それぞれに由来が異なるこの3つの霊場とそれに続く参詣道は2004年、
「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に認定されました。

 

この世界遺産は神道と仏教の融合という点において、高い評価を得て
いますが、和歌山、奈良、三重と3県にまたがっている紀伊山地の自然が
なければ世界遺産の認定はありえませんでした。

 

さらにそこに生まれた神社仏閣に参詣道などの人間が作り出した建造物と
自然との融合が華を添え、堂々の世界遺産入りを果たしたのです。
オオヤマレンゲ
世界遺産として、日本有数の霊山として堂々たる風格を
見せる吉野・大峯は、大峯に続く奥新道にオオヤマレンゲ
の自生地があります。また、吉野は桜の名所としても知ら
れる美しいスポットです。ちなみに吉野の桜は、自生して
いるわけではなく宗教的な意味によって植えられたものの
ようです。

 

また、熊野には3つの神社と2つのお寺があり、世界遺産を象徴する
神仏融合の場となっています。

 

そして見逃せないのが高野山。ここは117もの寺院が密集しているという
宗教都市です。世界遺産として認定されるために欠かせない存在だったこと
でしょう。

 

ただ残念なことに、紀伊山地の霊場と参詣道は世界遺産に認定されたことに
よって荒廃が進んだという指摘もあります。せっかくの美しい霊山なのです
から、厳かな気持ちで楽しみたいものですね。