トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群

花車

 

☆ 最大70%OFF!日本全国大バーゲン ☆
行きたい!気になる!エリアが衝撃プライス!!


トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群は、
トルコ中部のネヴシェヒール地方と呼ばれる場所のアナトリア高原に
あります。エルジェス山、ハサンダウ山が噴火して灰石が風化、侵食
を繰り返した結果できたといわれ、様々なタケノコのような形の岩を
つくりだしています。

 

トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群には、
4世紀頃、ローマ帝国からの迫害を逃れたキリスト教信者たちが
横穴式に掘って行き、岩の修道院や教会を作ったことでも有名で、
その数はなんと360にも及びます。

 

ここはトルコの世界遺産の中でも人気のあるスポット。聖堂も多数
あり、聖堂の中には、色鮮やかなフレスコ画と呼ばれるビザンチン
様式の壁画も残されていて、見どころとなっています。

 

また、ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群の地域には、オオカミ
やキツネなどの野生の動物が生息していたり、100種類以上の植物が
生えていることから、貴重な動植物の生息地としても知られています。

 

 

カッパドキア岩窟群